メイクが崩れてしまった場合、ファンデーションの塗りなおしなど広い部分のメイク直しも大切ですが、表情の印象にもかかわってくる眉やアイメイク、リップのメイク直しには何かと気を遣いますよね。朝にしっかり描いていても崩れてしまった場合、余裕をもってメイク直しができないと美しい形をキープすることができません。

特にメイクが崩れやすいと考える方、仕事上、常に人に見られているなどでメイク直しに手間や時間をかけられない方には、アートメイクをするという方法もあります。アートメイクとは持続性のある落ちないメイクで、効果は1~3年持続します。専用の針で表皮のごく浅い部分に色を入れていきます。

アートメイクをする部位として特に人気があるのは、表情に大きく影響する重要なパーツでありながら、左右を同じように描くのが難しい眉とアイラインです。また、唇にアートメイクをほどこすことでリップラインを美しく見せることも可能です。これらのパーツに関して、常に半分メイクができた状態に保つことができるため、毎朝のメイクの時間を短縮できるのと同時に、メイク崩れを小さくすることができますし、直しも簡単に行えます。

アートメイクは、肌に対して針を使うため、医師免許を持つ人だけが行える医療行為です。このため、アートメイク施術は必ず医療機関で行いましょう。施術の性質から、術後は患部が腫れたりもしますし、事後のケアも含めて十分に話を聞き、疑問点は質問するなどして、納得した上で受けるようにしましょう。