女性の皆さん、暑いこの季節、毎朝のメイクには気を遣いますよね。ただでさえ、特に何もしなくても高温多湿の気候では多くの汗をかく上に、強い紫外線や冷房による乾燥などで肌へのダメージも大きくなる季節です。そしてそれは、昼間のメイクの崩れが特に気になる季節でもあります。

メイクの崩れの主な原因としては、汗、皮脂、乾燥の3点が挙げられます。この季節、汗をかくのは顔に限ったことではありませんが、蒸し暑い屋外と冷房の効いた電車や建物の中を行き来する夏は、衣服等で守られることのない顔に関しては他の季節に比べても汗の増える季節です。上がってしまった体温を下げるための体の反応であるとはいえ、汗はメイクの崩れの大きな原因となります。

2つ目の皮脂ですが、額や鼻といったいわゆるTゾーンは特に分泌の多いところです。また、乾燥肌であっても、更なる乾燥を防ぐために過剰に皮脂が分泌され、メイクの崩れにつながることがあります。3つ目の乾燥もこれと関係してきますが、そもそも肌の水分量が少ないと、ファンデーションなどが定着しにくくなります。また、夏は冷房のために肌が乾燥しやすい傾向があります。

メイクの崩れへの対策としては、メイクをする際に崩れにくい工夫をすること、効果的なメイク直しの方法を学ぶこと、そして、特に崩れやすく、顔や表情の印象を大きく左右するパーツに関してはあらかじめある程度出来上がった状態にしてしまう「アートメイク」をするという方法もあります。ここでは、メイクの崩れの予防と対策についてお話しします。